2018年2月コラムのお知らせ

暮らしを豊かにしてくれる民藝が好きで
少しずつ買い足している。

むかい入れる基準は観賞用でなく、日常で使うもの。

ここ数年、竹細工が見直されてきていて、作り手から遠く離れたところで

驚くほど高価で売られるようになったことがとても気になる。

岩手鳥越の市場かごは
作っているかたから買わせていただき、

米とぎざるは長野戸隠へ向かい、94歳のおばあちゃんに
大きさを指定して編んでいただいた別注品。

わたしは米農家なので出来上がったものを見た時は感動。



今月のコラムは『暮らしから生まれるもの』

米づくりをすることで

血のつながりにも似た

自然との結びつきを知ったこと。


パタンナーであること。


雪深く美しい大賀で娘を生み育てていること。


そんな暮らしを体現するために。


是非お立ち寄りください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





昨日は二十四節気の『雨水』





雨水に雛人形を飾ると

良い伴侶にめぐり合う
と言われているそう。


向かって右の木目込み雛人形は祖父からわたしへ

左は3年前、実家の父から娘へ

祖父と実家の父、2人はもういない。
毎年雨水を迎えるたびに、胸がいっぱいになる。


東京で一人暮らしをはじめた19歳の時に

民藝店で買ったこけし雛。

「これが一番好き」という3歳の娘。

わたしの娘だな、と思う。

lineaとむすひ

夫の夢をかなえるため上越吉川区へ移住、農的暮らし 夫は蔵人、わたしは外注パタンナー、娘と棚田で米づくり 『linea』はパターン事業の屋号、『むすひ』は農園名

0コメント

  • 1000 / 1000