もんぺ製作所撮影

もんぺ製作所の撮影。

モデルは心から尊敬し、愛する4人にお願いした。
農家、畜産酪農、地域に関わる仕事、コーディネーターさん。
魅力ある豊かな暮らしをしている先輩と友人。

みんな新潟山間部暮らし。

もんぺーズに巻き込みました。


思いは執筆させていただいているコラムに書いたので

お読みいただけるとうれしいです。

今月は 『もんぺが放つ色気』


昨年、理屈っぽいわたしの価値観を変えるほどの

ご縁をいただいた

仙台の学習塾cluezemiさんのサイトのwebマガジン

余談Labの中の2足のわらじーズ。

コラムを書き始めてから1年が過ぎ、今月から2年目に。

内容はさておき、目標の1年書き続けた自分をほめたい。


コラムは字数制限がある。

言葉選びだったり、ひらがなにするか漢字にするかでも

ずいぶん印象は変わる。

少しオーバ気味な表現や言葉を使って

限られた文字数の中で動きを出すという演出家の気分も味わえる。


余談Lab髙羽編集長との1年前の初回コラムの提出後

《短い文章って難しいですよね。

脳に乳酸がたまる・・・ような気がします(脳の筋肉はないと思いますが)》

とメールが来ておかしかった。


もしかしたら頭を鍛えすぎて
この1年で脳の筋肉ができたんじゃないか、そんな気さえ。

この冬は薪ストーブの前で静かに
質のいい文章を読む時間が欲しい。




もんぺ製作所については

新潟日報さん、新潟商工会便りに取り上げていただいてから

ありがたいことにお電話でのお問い合わせや早朝の突撃訪問。

お化粧してないんですけど。。。とか

片付けてないので。。。とか。

お恥ずかしい限り。


支えていただいている先輩たちにお尻を叩かれ

本業のパターン業務と米農家としての仕事と並行して

事業計画書を書いたり、お役所まで出掛けたりしながら

年内のwebsite公開に向けて動いています。


正直もう何からやればいいのかわからないくらいだけど

今が一番楽しいはず、と言い聞かせて進もうと思う。


ブログ更新がないときは

またまた忙しくして~、と思っていただけるとうれしいです。

コラムではパッケージをご紹介したので

ブログでは織ネームと洗濯ネームを。



小さくてもしっかりとした世界観を持ってあがってきた。

デザインで並走していただいているU・STYLEさん、

ありがとうございます。

新潟からうまれるものは美しい。


************************************
妙高赤倉の風間さま
何度も留守で失礼いたしました。

ブログをお読みになられましたらご連絡をお願いいたします。
お待ちしております。

lineaとむすひ

夫の夢をかなえるため上越吉川区へ移住、農的暮らし 夫は蔵人、わたしは外注パタンナー、娘と棚田で米づくり 『linea』はパターン事業の屋号、『むすひ』は農園名

0コメント

  • 1000 / 1000