太陽sun

晴れの国、岡山で生まれ育った。
梅雨以外はいつも晴れていた。

ここで暮らすようになってから、

太陽の恵みがわたしの心まで届き、

育ててくれていることを知った。

長野からこの村へお嫁にきたT子さんは

太陽のことを さん 付けで呼ぶ。
「太陽さん」と。
呼び捨てできないくらい、尊いのだ。

干し柿の影が美しい。

ゆらゆら、気持ちよさげ。

この夏は漬物の大根の種蒔きする心の余裕も時間の余裕も
なかったので、粕漬け用大根を食べることを諦めていた。

昨日、仕事をしていたら師匠の奥さまが「大根まだあるよ」と
声をかけにきてくださったので仕事の手を止め、畑に向かい、

たくさん譲っていただいた。
素直に、うれしいです!わーい!

暗くなるまで冷たすぎる湧水で洗い、昨日のうちに干した。

色白の大根足も日光浴中。
この大根は漬物用の品種なので影も細くてきれいな大根足。

明日から日光浴はしばらくできそうにない。

影も楽しめない。

太陽sunがんばって。



柿や大根を干している風景、やっぱり好き。



-------------------




【お知らせ】

仙台にあるユニークな学習塾clue zemi(カフェも併設)のサイトで、

「2足のわらじ―ズ」というコーナーのコラムを書くことに。

お話をいただいたのは稲刈り中、

それも日々バタバタでコラムを書くなんて

無理に決まってる、

お断りしようと思ってサイトをみると

----------------------------------------------------

「勉強」「遊び」「生活」を

No wallにすべくclueを立ち上げました

----------------------------------------------------

という代表の永井さんの言葉が突き刺さる。

何と1回だけだと思ったら1年間!

楽しみたいと思います。

コラム執筆者のかたはユニークすぎるかた。

みなさんが2足のわらじをはきつつ、

どのようなことを感じながら

どんな日々過ごしているか、是非覗いてみてください。

「2足のわらじーズ」2回目のコラム↓↓↓

「clue zemi」↓↓↓


ひらめきのタネ執筆者、イラストレーター金川カモメさんが
コラム執筆陣の似顔絵を描いてくださっています。

色っぽすぎてお気に入り 笑

lineaとむすひ

夫の夢をかなえるため上越吉川区へ移住、農的暮らし 夫は蔵人、わたしは外注パタンナー、娘と棚田で米づくり 『linea』はパターン事業の屋号、『むすひ』は農園名

0コメント

  • 1000 / 1000