青大豆

もう10日ほど前になるけれど

今年も地元吉川在来種の青大豆を蒔いた。
青大豆は我が家ではお米と同じくらい大切な作物。
日々の食卓にも上がるし、我が家の味噌作りには欠かせない。

(青大豆への想いは昨年の「青大豆から」)


吉川の青大豆を守ってきたYさんから

「大切につないでほしい」
という言葉とともに青大豆をいただいた。


青大豆の美味しさをみなさんに知ってもらいたい、

もっとたくさん育てたいという気持ちもあるけれど、
無農薬、無肥料栽培、雑草との闘い、収穫後の手間は稲作以上。

それをこなせる余裕ができるまでは

欲張らず、このまま小さくつないでいきたい。


少しづつ夏野菜が採れるようになってきた。
ピーマン、ナス、ズッキーニ、神楽南蛮、小松菜はこの日初収穫。

娘は虫食い小松菜を見て

「なんで穴があいてるの」、と聞いてきた。


きっと「無農薬だから」と答えても4歳の娘にはわからない。

「おいしいから虫さんが食べたんだね」と言うとよろこぶ娘。

最近増えてきた彼女の「なんで」に
どこまでこたえてあげられるか、
納得してもらえるまでつきあいたい。

そんなことを書きながら
もんぺ製作所を立ち上げて全く余裕のない自分。

理想と現実
今よりかけ離れすぎないよう丁寧に生きたい。





初収穫のズッキーニ。
夏野菜のおかげで食卓が華やかになってきた。

lineaとむすひ

夫の夢をかなえるため上越吉川区へ移住、農的暮らし 夫は蔵人、わたしは外注パタンナー、娘と棚田で米づくり 『linea』はパターン事業の屋号、『むすひ』は農園名

0コメント

  • 1000 / 1000